本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > お茶をおいしく淹れる
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

お茶をおいしく淹れる

カタログ掲載 完成写真

材料

3人分

つくり方

  • 1 沸騰したお湯250mlを70℃くらいまで冷ます(80℃設定の電気ポットのお湯なら、一度、人数分の湯呑みに入れると、70℃くらいに下がる)。
  • 2 茶葉を急須に5g(大さじ1杯弱)ほど入れる。 作業手順2
  • 3 ①のお湯を注ぎ、ふたをして茶葉が広がるのを1分くらい待つ。
  • 4 湯呑み3個に、分量と色の濃さが同じになるように少しずつ均等に回し注ぐ。(A→B→C、C→B→Aと回し注ぐ。)お茶は最後の1滴まで出し切る。お湯が残っていると、味の成分がどんどん浸出して苦味が強すぎるなど、二煎目、三煎目の風味に影響が出てしまう 作業手順4
  • 5 二煎目からは、お湯を注いで10秒ほどおいてから湯呑みに注ぐ。

コツ・ポイント

●渋みを抑えてまろやかなお茶を淹れたいときは、お湯の温度を60℃くらいに低くして淹れます。また、よい煎茶ほど湯温を低く、浸出時間を長めにします。渋み成分(タンニン)は高温の湯ほど溶け出しやすいからです。●お茶は、湿気やにおい、直射日光にも弱いので、密封して冷暗所で保存し、なるべく早く使い切ります。●やむを得ず長期保存する場合は冷凍庫で保管し、鮮度劣化を防ぎます。ただし、開封後の冷凍保管はNG。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

コメントする

生活クラブのカタログに掲載されているレシピです。生活クラブの詳細はこちら 別のウィンドウで開きます。

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。