本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > ビオサポ記事 > 【子どもごはん相談室】お悩み:いろいろな野菜を食べて、そのおいしさを知ってもらいたい!
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

【子どもごはん相談室】お悩み:いろいろな野菜を食べて、そのおいしさを知ってもらいたい!

どうしたら食べてくれる?
栄養バランスは?などなど…
健康に育ってほしいと思えば思うほど、
子どもの食事の悩みはつきないもの。

こうあるべき!こうしなきゃ!
にとらわれがちなパパママへ向けて
ちょっとしたアイデアや視点を変えることで
できる解決のヒントを紹介します。

いろいろな野菜を食べて、そのおいしさを知ってもらいたい

子どもがよろこびそうな野菜料理をつくっても、なかなか食べてくれません。せっかくつくったのに、とついイライラしてしまうことも…。最近は食べてくれる野菜ばかりの献立になっています。このままでよいのか不安です。

野菜嫌い 子供 対処法

いろいろな味付けを試しながら手間をかけずにできる方法を取り入れてみて

子どもに食べてほしい一心で作った料理を食べてもらえないと、悲しくなりますね。でも、そんなに焦らなくても大丈夫です。その時に食べなくても違う機会には食べてくれることもあるので、時間を置いたり、味付けを変えたりしながら試すことも大切です。好き嫌いにこだわらず、いろいろな食べ物と広く触れることができる機会を持てればよいと考えてみましょう。手間をかけずにつくる方法のひとつとして、冷凍野菜を何種類か常備しておくと便利です。下処理不用で使いたい分だけサッと取り出して使うことができます。いろいろな冷凍野菜があるので、取り入れてみませんか?

冷凍野菜でつくれる!野菜たっぷりカラフル焼うどん定食


カラーピーマンの焼うどん、ほうれん草の卵とじ、さといもの味噌汁

便利な冷凍野菜は、旬の時期のおいしい野菜を鮮度の良いうちに加工したものを選んでみませんか?

冷凍野菜にはいろいろな種類があり、その産地や加工方法もさまざま。「どこで、だれが、どのようにつくったか」がわかっているものだと安心ですね。旬の時期にたくさん採れた野菜をいつでもおいしく食べられるよう加工し、使う分量も調節しやすい冷凍野菜は、フードロス対策にも。ぜひこのような視点も冷凍野菜を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。