本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > ビオサポ記事 > 【子どもごはん相談室】お悩み:あと一品足りない時に便利なメニューは?
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

【子どもごはん相談室】お悩み:あと一品足りない時に便利なメニューは?

どうしたら食べてくれる?
栄養バランスは?などなど…
健康に育ってほしいと思えば思うほど、
子どもの食事の悩みはつきないもの。

こうあるべき!こうしなきゃ!
にとらわれがちなパパママへ向けて
ちょっとしたアイデアや視点を変えることで
できる解決のヒントを紹介します。

お悩み:あと一品足りない時に便利なメニューは?

いつも野菜が不足しがちなので、もっと献立に入れたいと思っています。ですが、子どもがごはんを待ちきれず、なかなか品数を増やせません。あと1品野菜を使ったメニューをプラスしたいときに、短時間で簡単につくれるおすすめのメニューはありますか?

ゆる技ポイント:プラス一品しなくても、いつものメニューをつくり置きしてみませんか?

栄養バランスなどを考えてもう一品野菜メニューを入れたい、でも食事の用意を待ちきれない子どもがいる、そんな状況もあると思います。プラス一品しなくても、よく食べるメニューをつくり置きすれば、ラクに野菜をとることができ、準備も簡単です。たとえば、おみそ汁。具沢山に多めにつくって味噌を加えずに保管し、食べる直前に器で味噌をとくようにすると、温めるだけで野菜もしっかり摂れる一品になります。つくった日を含め3日以内に食べ切りましょう。2、3日目にはサッと加熱するだけで済む油揚げ、葉物野菜などの具材をプラスしてアレンジしてもいいですね。作り置きの際には、素早く冷やし保管して、食べる前にしっかり加熱するようにしましょう。

野菜 メニュー 簡単

野菜たっぷりみそ汁
野菜たっぷりみそ汁

詳しいレシピはこちら

プラスアイデア:水につけるだけのだし生活を始めてみませんか?

こんぶや干ししいたけは一晩水につけるだけでもおいしいだしがとれます。だしは煮物や汁物などいろいろな料理に活用できます。だしをきかせて具沢山につくるおみそ汁は素材の旨みがたっぷり。濃い味付けにしなくても満足感を得やすくなります。適量のお味噌でおいしいおみそ汁がつくれるので、子どもから大人まで食べられる味に仕上がります。

 

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。