本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > ビオサポ記事 > 【子どもごはん相談室】お悩み:食べることをもっと楽しんでほしい
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

【子どもごはん相談室】お悩み:食べることをもっと楽しんでほしい

どうしたら食べてくれる?
栄養バランスは?などなど…
健康に育ってほしいと思えば思うほど、
子どもの食事の悩みはつきないもの。

こうあるべき!こうしなきゃ!
にとらわれがちなパパママへ向けて
ちょっとしたアイデアや視点を変えることで
できる解決のヒントを紹介します。

お悩み:食べることをもっと楽しんでほしい

おやつはよく食べたがるのですが、食事になるとあまり進みません。食べることにもっと興味を持ってほしいです。子どもが自分から楽しく食べるようになるためにどうしたらいいですか?

ゆる技ポイント:まずは親が食べることを楽しむ姿を見せましょう

食べることは本来楽しいことであり、すこやかに成長するために欠かせないことでもあります。だからこそ、興味を持って食べてほしいと思いますよね。そのためには、親自身が食事を楽しむことが大切です。子どもは親のことをよく見ているので、「食べることって楽しんだな」と思えるような姿を見せられるといいですね。忙しくて子どもと一緒にゆっくり食事をすることが難しい時もあると思いますが、ちょっとした食事中の会話で「これおいしい!旬のものはやっぱり1番おいしいね。」「今日は全部食べたね、えらかったね」などおいしく、楽しくなるような声かけをしてみましょう。その際は、素材そのものの良さを味わえるシンプルな味付けのメニューを選んでみてください。

子供 食事 興味

焼きかぶと鶏のスープ煮
焼きかぶと鶏のスープ煮

詳しいレシピはこちら

プラスアイデア:親子で楽しく、簡単な料理をつくってみませんか?

子どもは親と一緒に何かをすることが大好きです。お手伝いをやりたがるのもその一つ。ママやパパと一緒に何かしたいという気持ちに寄り添いながら、食べ物への関心が高まる機会があるといいですね。どんな食材を使うか、何をつくるか選びながら、一緒に料理をする時間を持ってみても。混ぜるだけ、焼くだけのようなメニューが子どもとつくる料理としておすすめです。

 

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。