本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > ビオサポ記事 > 【子どもごはん相談室】お悩み:子どもに手がかかり夕ごはんの準備ができません。
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

【子どもごはん相談室】お悩み:子どもに手がかかり夕ごはんの準備ができません。

どうしたら食べてくれる?
栄養バランスは?などなど…
健康に育ってほしいと思えば思うほど、
子どもの食事の悩みはつきないもの。

こうあるべき!こうしなきゃ!
にとらわれがちなパパママへ向けて
ちょっとしたアイデアや視点を変えることで
できる解決のヒントを紹介します。

お悩み:子どもに手がかかり夕ごはんの準備ができません。

園からの帰り道は子どもが歩いてくれなかったり、寄り道したがったり、家に着くまでに時間がかかります。帰宅後もわたしにべったりで、食事の準備が進みません。毎日のことなので、とても困っています。子どもも大人も心地よく過ごせる方法が知りたいです。

夕ご飯 子供 準備

ゆる技ポイント:料理をしなくても大丈夫!という日もつくってみましょう

夕方は毎日、慌ただしいですよね。日中、家族と離れていた子どもはつい甘えん坊になることもあります。料理をしたいけれど、時間がない、できないという時にはテイクアウトやレトルトなどを活用して、子どもと一緒にゆっくり過ごしてみてもいいですね。親子が笑顔で過ごせる時間を持つことも大切です。温めるだけで食べられる作り置きや、冷凍食品なども上手に活用してみましょう。煮込み料理など冷凍保存できるものは、好きなときに食べられるので常備しておくと便利です。

カラフル野菜の肉だんご
カラフル野菜の肉だんご

詳しいレシピはこちら

プラスアイデア:回転備蓄を取り入れてみませんか?

回転備蓄とは、日常的に使っているものを少し多めにストックしておくことで、日々使いながら災害時にも備えましょうという取組みです。今日は何もつくれないという日にも、備蓄のものを活用することもできます。災害時以外にも、突然の体調不良で外出できなくなったという場合にも備蓄があると安心です。

 

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。