本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 梅味噌
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

梅味噌

完成写真

材料

  • 青梅 300g
  • 国産十割こうじみそ 300g
  • 素精糖 250g

つくり方

調理時間約50分

  • 1 梅は洗ってザルに上げ、水気をふき取り竹串でヘタを取る。傷んでいるところがあれば包丁で削っておく
  • 2 1を食品用のポリ袋に入れ、すりこぎなどで叩いて2~4つ割り程度につぶす  ※あまりつぶしすぎると果汁が出てしまうので注意
  • 3 鍋に味噌と素精糖を入れ、弱火にかけてへらで焦げ付かないよう鍋底からかき回す
  • 4 素精糖が溶けてとろっとなってきたら、2の青梅を加え弱火で煮る。最初がとても焦げやすいので、絶えず鍋底からかき回して焦げ付かせないように注意する
  • 5 25分くらいすると、梅の果肉が種から離れて柔らかく煮崩れてくるので、煮崩れたところで火を止めて完成

コツ・ポイント

密閉容器に入れて冷蔵庫に保存すれば、1年ほど持ちます。 種は5の工程で果肉から離れたときに取り除いても良いですが、種に付着している果肉にも梅の栄養やうま味があるので、そのまま入れておくと全体の風味がよくなります。 野菜スティックにつけたり、サラダのドレッシング代わりにしたり、田楽や煮物の調味料としても使えます。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。