本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > ビオサポ記事 > 野菜不足対策は作り置きスープで!
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

野菜不足対策は作り置きスープで!

みなさん、こんにちは (^o^)/

新しい年の始まり、体調はいかがですか?

お正月も明けた頃、今日からダイエットを始めると急に言い出したウチの夫。

正月太り解消のためだそうです(^o^;)

私が家を留守にしていた年末年始の一週間に何を食べていたのか聞きました。

「うどん、そば、スパゲティにミートソース、スーパーの惣菜に天ぷら…」

麺類が好きなのは仕方ないけど、これは明らかに食物繊維不足!

そして圧倒的な野菜不足 (-。-;)

よく聞けば、留守番生活後半は体調も良くなかったとのこと…

それとは逆に全く変わりない息子。

彼は私が普段から作り置きしている野菜スープを食べていました。

あとは自分でご飯を炊いて冷蔵庫の中の物を適当に食べていたようです。

こんなに短い間でも、食生活が体調に影響することに驚きました。

たまたま生活クラブの配達が始まったので、すぐに野菜てんこ盛りの鍋物を用意。

翌日には野菜スープも作って食べさせましたよ(^o^)v

厚労省が推奨しているように毎日350gの野菜を料理して家族に食べさせるのは、

何かと多忙な私たちにとって、かなりハードルが高いかも知れません。

もっと家族に野菜を食べさせたいと思っていても、いつもそばにいて手作りできるとは限らない…

そんなときには野菜スープの常備がおすすめです☆

ご参考までに、わが家のレシピをご紹介します。調理時間は約15分。

スープに入れる野菜は、にんじん、玉ねぎ、キャベツ、トマト、セロリ、ピーマン。

(1)手頃な鍋に適量の水を入れて火にかける。適当で、ごめんなさい…(>_<)

(2)火の通りにくい野菜から順番に、同じ位の大きさに刻んで、どんどん鍋に投入する。

 *トマトはトマトジュースでもOK!

(3)野菜に火が通ったら塩少々、おろししょうが少々を入れて、出来上がり。

 *瓶詰の「国産きざみ生姜」が便利!

もちろん出来立ての美味しさもありますが、

冷めたら保存容器に入れて冷蔵庫に入れておけば数日は食べられます。

食べたいときにスープカップに入れてレンジで温めます。

ごはんの上にかけてミックスチーズをのせてチンすればドリア風にも♪

このスープ、留守がちな私にとっては野菜不足対策の心強い味方です!

それぞれ工夫していること、きっとあると思うので、情報交換できると良いですよね!

そんな集まりの話のネタに、ビオサポが役に立ったらうれしいです \(^o^)/

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。