本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 手打ちうどん
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

手打ちうどん

完成写真

材料

2人前

  • 小麦粉 薄力タイプ 100g
  • 小麦粉 強力タイプ 100g
  • 真塩(ましお) 小さじ1
  • 100cc
  • 打ち粉(小麦粉でいい) 少し

つくり方

調理時間60

  • 1 粉をあわせます。水に塩を溶かします。急ぎたいとき、寒いときはぬるま湯にします。
  • 2 粉に水を入れたら、すばやく底を掻くように混ぜます。固まりができたらほぐします。同じ大きさのフレークができるように。
  • 3 塊になりそうになったら、固めてゴミ袋に入れます。しばらく寝かします。
  • 4 ゴミ袋のまま、足で踏んで延ばします。 作業手順4
  • 5 のびたら、三つ折りにします。次は重なったところを下にして踏みます。 作業手順5
  • 6 普通、それを3回ぐらいします。生地がやわらかかったら回数を増やします。
  • 7 生地が固かったら、その後の寝かす時間を増やします。普通は30分から1時間寝かします。 作業手順7
  • 8 打ち粉した台で、めん棒に巻きつけるようにして転がします。 作業手順8
  • 9 好みの大きさ、薄さになったらでこぼこを取ります。 作業手順9
  • 10 包丁のサイズに合わせて折りたたみます。重なる部分にたっぷり目に打ち粉を。 作業手順10
  • 11 大き目の鍋でゆがきます。15分ぐらい、様子見ながらゆでます。透明になってきたら食べごろです。 作業手順11
  • 12 ざるにあげて、ごしごしぬめりを取るように洗います。しっかり締めたほうがおいしいです。 作業手順12

コツ・ポイント

薄力粉と強力粉の割合は、1:2でもやってみましたが、すこしこしが強すぎるような気がします。お好みでいろいろやってみてください。急ぐときは熱湯で混ぜて、温かいところに置くと早くできますよ。

このレシピを考えたきっかけ

うどんの味は小麦粉しだい。それがよくわかります。外でうどんが食べられなくなります。もちろん、おいしい醤油をかけて食べてくださいね。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連レシピ

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。