本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > ビオサポ記事 > ちょっと待って!「ダイエットしなきゃ!」のその前に…
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

ちょっと待って!「ダイエットしなきゃ!」のその前に…

夏が近づいてくると、特に若い女性のあいだでは、ダイエットへの関心が高まるようです。
我が家にも年頃の娘がいますが、しょっちゅう体重計に乗っては「昨日より××g増えた!」などとグラム単位で大騒ぎ…(・・;)
「○○ダイエット」などさまざまなダイエット法が流行ったり、ダイエット特集のテレビ番組がもてはやされたりすると、「私も頑張らなきゃ!」と思わされてしまうこともありますよね。でもその一方、過激なダイエットで健康を害してしまう、なんて例も聞くことが…。
ダイエット、どう取り組めばいいのでしょう?

 

もともとは「ダイエット=痩せる」ではない!?

本来、英語の「diet」は「日常的な食べ物や食事」を指すそう。
「diet」を英語の辞書で引くと、「日常の飲食物」などの意味が最初に載っていて、そのあとに「食事制限」などの意味が載っています。
でも日本では、ほぼ「痩身」と同じ意味で「ダイエット」という言葉が使われていますね。

 

ダイエットの基本は「消費エネルギー>摂取エネルギー」

ダイエット
一般的なダイエットは、身体活動などで消費するエネルギーよりも、食事で摂取するエネルギーを少なくすることで体重を減らすという考え方です。「運動」と「食事」の関係性で考える…とてもシンプルですよね。

運動を何もせずじっとしているときでも、人の体は生命活動を維持するために心拍や呼吸・体温の維持などを行っていますが、この基礎代謝量(生命活動を維持するために消費される必要最小限のエネルギー代謝量)+運動などによるエネルギー消費量よりも、食事で摂るエネルギー量を少なくするのが、ダイエットの基本です。
逆に、基礎代謝量+消費エネルギーよりも、摂取エネルギーが多すぎる状態が続くと、肥満につながります。

ただ、人の基礎代謝量は年齢や性別によって違います。
例えば、一日の基礎代謝量は、成人男性約1,500キロカロリー、成人女性で約1,150キロカロリーです。
また、年齢が上がるにつれ、基礎代謝量は落ちていきます。
それにもちろん、普段の運動の量も人によってさまざまですよね。
このように消費エネルギー量は人によって異なります。だから、一口に「ダイエット」と言っても、人それぞれ、自分に合った運動量や食事量を考えることが大事なのです。

 

極端なダイエットは健康上のリスクにつながることも

ダイエット
極端に食事を減らしたり、「○○しか食べないダイエット」など特定の食品だけを摂取するようなダイエットは、一時的に体重が減ったとしても、体にとって必須の栄養素の摂取量が不足して、さまざまな健康上の問題を起こすリスクがあります。
食物繊維不足によって便秘になったり、カルシウムやビタミンD不足が骨粗鬆症を引き起こしたり、鉄不足による貧血を招いたり。
また、若い女性が低栄養に陥ると月経異常を引き起こしたり、妊婦の場合は次世代の子どもたちの生活習慣病のリスクを高めてしまうことも危惧されています。

そもそも、口ぐせのように「痩せたい」と言う人でも、実は十分「普通」の範囲内で、本当はダイエットの必要がない場合も多いのです。
特に若い女性に「やせ願望」が多く見られますが、本当にダイエットが必要なのかな?と、あらためて振り返ってみる必要があるかもしれませんね。
BMI(体格指数。[体重(kg)]÷[身長(m)]÷[身長(m)]で求められる値)などを参考にしてみてもいいかもしれません。日本肥満学会の定めた基準ではBMI18.5以上25未満が「普通体重」とされています。

 

適度な食事量と運動量の調整がダイエットの近道

ダイエット
見る見るうちに体重が減るような極端なダイエットは、かえって健康を損なうリスクがあるし、長続きしませんよね。
やはり適度なエネルギー量(カロリー)の食事と適度な運動、その2つを無理のないよう調整しながら続けていくのが、遠回りのように見えて最も確実なダイエット法だと思います!
少し体重が気になる…という方、急がず健康的な方法でダイエットに取り組みましょう(^^) 

おすすめのレシピもいくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

 

鶏肉と野菜の煮物

鶏肉と野菜の煮物
鶏肉むねを使った煮物ならカロリー控えめで、野菜から食物繊維も摂れます。
 

たらの蒸し焼き 梅だれ

たらの蒸し焼き 梅だれ
蒸し料理はカロリーを抑えめにできます。たんぱく質と野菜をしっかり摂れるメニュー。
 

小松菜とひじきの大豆レモン酢和え

小松菜とひじきの大豆レモン酢和え
小松菜、ひじき、大豆などの食材から、鉄がたっぷり摂れる和え物。大豆が入って食べ応えもあります。



※参考:厚生労働省 e-ヘルスネット
「ダイエット」
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-090.html

「若い女性の『やせ』や無理なダイエットが引き起こす栄養問題」
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-02-006.html


 

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。