本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 山桃ジャム
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

山桃ジャム

完成写真

材料

作りやすい量

  • 山桃 1kg
  • ビートグラニュー糖 300g
  • 国産レモン果汁 50cc
  • かぶるくらい

つくり方

調理時間90

  • 1 収穫する。ヤニが手につかないように軍手などを利用する 作業手順1
  • 2 枝や葉などを取り、よく洗う。 作業手順2
  • 3 かぶるくらいの水と山桃の実を鍋に入れて煮る。実が柔らかくなったらザルにあげる 作業手順3
  • 4 目の粗いザルでマッシャーでつぶすようにして種と実を離す。取りきれない場合はトングで種を取る 作業手順4
  • 5 濾して種をとったものの30%〜50%のグラニュー糖(か素精糖)とレモン汁(レモンを絞ったものでもよい)を入れ一緒に煮る。 作業手順5
  • 6 アクをとりながら木へらで時々混ぜて煮る。煮ている間、部屋中に甘酸っぱい香りが漂うので幸せな気分になります(1時間) 作業手順6
  • 7 トロトロしてきたら出来上がり。煮沸したびん容器などに入れて冷蔵庫で保存。パンにつけても、ヨーグルトやアイスクリームにトッピングしても良い 作業手順7

コツ・ポイント

種が落ちない目の粗いザルがあると作業が簡単になります。冷蔵庫で保存。2~3週間楽しめます。種をとる時、トングを使うとやりやすいことを発見(2018年7月一部改訂)

このレシピを考えたきっかけ

春に山桃の木(雌)を購入したらその年から思いのほか実がついたのでジャムを作ってみました

報告する

コメント

うららんさん うららんさん
コメント画像

2018年は素精糖で作ってみました。色が濃厚。トングとマッシャー使いで効率アップできました。

2018/07/05 00:00

3件のコメントを見る

コメントする

関連レシピ

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。