本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > アンズのジャム
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

アンズのジャム

完成写真

材料

  • 半割にして種を取った杏 800g
  • ビートグラニュー糖 500g
  • 2/3カップ

つくり方

調理時間40

  • 1 ①グラニュー糖、水を7分間煮立てる②杏を加え アクを取りながら強めの火で煮詰める。
  • 2 写真はさいの目トマトに ココナッツミルクと杏ジャムをかけて プラムをトッピング。葡萄の葉を敷きました。  作業手順2

コツ・ポイント

香りが飛んでしまわないよう短時間で煮詰めるため、直径30cmのホーローボールを使います。無い場合は広口の鍋を使って下さい。アルミ鍋はNG。アクが香りを消すので最初しっかり取ります。焦げやすいので絶えずかき混ぜてください。木しゃもじでボールの底にサッと線を一瞬引けるようになったら完成。瓶と蓋をエタノールで消毒し、できたての熱いジャムを口まで一杯に詰めきっちり蓋を閉めて逆さまにして冷まします。

このレシピを考えたきっかけ

40年前飯田深雪先生に教えていただきました。煮えたぎるあんずのジャムを混ぜながら思い浮かべるのは、食の細った亡き母が「おいしいね。」と見せてくれた笑顔。差し上げると喜んでくださるあの方この方。良い香りに包まれて、これが私の幸せ時間。ず~ッと作り続けています。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。