本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 水無月風豆乳かんてん
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

水無月風豆乳かんてん

カタログ掲載 完成写真

材料

約10×10cmの容器 2つ分

  • 150ml
  • 素精糖 大さじ4
  • かんてんクック 2本(8g)
  • 豆乳 2パック(300g)
  • ゆであずき缶 1缶(210g)

つくり方

調理時間10分

  • 1 小鍋に水90ml、素精糖、かんてんクック1袋を入れて火にかけかき混ぜながら煮立たせ1~2分ほどで火を止める。
  • 2 火を止め、豆乳を加えてよく混ぜる。容器に流し入れて、冷蔵庫で約20分冷やす。
  • 3 ※寒天のダマができた場合は、弱火にかけて温め、よくかき混ぜてください。
  • 4 サッと洗った鍋に水60ml、かんてんクック1袋を入れて火にかけ、かき混ぜながら煮立たせ、ゆであずき缶を加えて混ぜる
  • 5 2に流し入れて粗熱をとり、再び冷蔵庫に入れ、固まるまで冷やす。

コツ・ポイント

【すくすく豆知識 水無月】夏が近づくと、京を中心とした地域では、水無月という和菓子を食べる習慣があります。昔は氷が貴重 だったため、それに似せて作った和菓子を食べて夏を乗り切ったとか。三角の形は氷をあらわし、小豆は邪気を払うといわれたそうです。一年の折り返しとなるこの時期、残り半年も元気に過ごせるようにという意味を込めて、食べられるようになりました。 ★調理時間に固める時間は含まれません

このレシピを考えたきっかけ

●生活クラブの「すくすくカタログ」2018年6月4回号掲載

報告する

コメント

2018/06/26 00:00

みかん好きさん

雑な性格なので、家にあった、かんてんクック2袋、素焚糖大さじ4、水大さじ10、を2分、煮立て、牛乳を300ml加えた。直後、寒天が牛乳と混じらず、粉々に固まり、ダメだったかも、と嘆きつつ、自分で煮た小豆210グラムさらに加えた。結局、小豆牛乳粉々寒天、というドロドロ物となってしまった。失敗 泣。

1件のコメントを見る

コメントする

生活クラブのカタログに掲載されているレシピです。生活クラブの詳細はこちら 別のウィンドウで開きます。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。