本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 梅干
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

梅干

カタログ掲載 完成写真

材料

  • 梅(梅干用) 2kg
  • 真塩または海水塩 300g
  • 焼酎 1/2カップ
  • もみしそ 300g

つくり方

  • 1 ■漬ける
  • 2 水につける:梅はたっぷりの水に一晩つけ、アクを除く。
  • 3 ヘタを取り、塩をまぶす:梅をざるにあげ、水気を清潔な布巾などでふき取り、傷つけないように注意してヘタを竹串でとる。ボウルなどに梅を入れ、焼酎、塩の順にまぶし、煮沸消毒した瓶に入れる。
  • 4 梅酢があがるのを待つ:2日めぐらいから梅酢があがってくるので、瓶をときどきふってなじませながら、冷暗所で1週間以上おき、もみしその取組みを待つ。
  • 5 もみしそをのせる:もみしそが手に入ったら、④の上にのせて2週間以上おく。(赤く色付けしない場合はそのまま2週間以上おく)梅雨があけるのを待つ。涼しく、風通しのよい場所に瓶をおき、梅を干せるような天気になるまで待つ。※梅はひとつひとつチェックし、傷んだものは除きます。※使用する容器は煮沸消毒するか、焼酎などでふいて除菌しましょう。
  • 6 ■干す(1~2日め)
  • 7 1日め/梅を干す:ざるは使う前に洗って天日に干しておく。もみしそは汁気を手でしぼり、ほぐしてざるに広げる。梅は適度に間隔をあけて並べて干す。梅酢も瓶ごと干す。梅を裏返す。途中で一度、梅がやぶれないように注意しながらそっと裏返す。
  • 8 瓶に戻す:夕方になったら梅酢に梅ともみしそを戻す。
  • 9 2日め/同様に干す:1日めと同様に梅としそを干し、夕方になったら梅酢へ戻す。
  • 10 ■干す(3日め)
  • 11 3日め/昼夜干す:1~2日めと同様に梅としそを干し、瓶に戻し入れずにそのまま翌朝まで干し続ける。雨が心配な場合は部屋の中に入れてもかまいません。
  • 12 保存する:干し終わったら、梅を梅酢にくぐらせて煮沸消毒した瓶に入れ、もみしそと一緒に保存する。残った梅酢はこして、別の煮沸消毒した瓶に入れて冷蔵保存する。※梅はすぐに食べられますが、半年以上おくと味がなじんでおいしくなります。※梅酢は漬けものや酢飯を作るときに使うと、色と香りがついて華やかになります。※干し加減で皮のやわらかさや食感は変わるので、年ごとに自分の好みに合わせていきましょう。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

コメントする

生活クラブのカタログに掲載されているレシピです。生活クラブの詳細はこちら 別のウィンドウで開きます。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。