本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 混ぜて焼くだけ!簡単ヨーグルトスコーン
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

混ぜて焼くだけ!簡単ヨーグルトスコーン

調理時間 おおよそ30分弱
完成写真

材料

6個分

  • 薄力粉(4割を全粒粉でも美味しい) 100g
  • バター 30g
  • 素精糖 15g
  • ベーキングパウダー 5g
  • ひとつまみ
  • プレーンヨーグルト 大さじ2〜

つくり方

調理時間おおよそ30分弱

  • 1 粉類を合わせてボウルにふるいます。バターを入れて大きめのスプーンで、切るようにそぼろ状にしていきます。 (粉類の4割を全粒粉に、バターの半量をなたね油にしても美味しく出来ます。)
  • 2 オーブンを220度に余熱しておきます。バターがサラサラのそぼろ状になったら、ヨーグルトを大さじ2ぐらい入れます。
  • 3 スプーンで底からざっと混ぜて、粉っぽさが少し残っているぐらいで混ぜるのをやめます。
  • 4 スプーンで6つに丸めて、間隔をあけて天板に並べます。お好みの焼き色がつくまで焼いたら出来上がり! 焼きたてをハフハフいいながら食べましょう。

コツ・ポイント

ヨーグルトの量は加減して下さい。多めだとフワッと、少なめだとザクザク感が増します。 バターをそぼろ状にするところまで前日にやっておくと、翌朝ヨーグルトを入れて丸めて焼くだけで素敵な朝食になります。 タネをオーブンに入れる際に、温度が下がるので余熱を220度にしてあります。 凸凹が多めに丸めると、外ザクザクで中しっとりで美味しいです。

このレシピを考えたきっかけ

初めは型抜きをしてスコーンを作っていましたが、卵も牛乳もないときにヨーグルトを入れて適当に丸めて焼いたら美味しかった。簡単なので休日の朝の定番になりました。

報告する

コメント

2019/07/08 19:53

ビオサポさん ビオサポさん

2019年7月7日にビオサポの FacebookとInstagram ( @biosapofan )で紹介しました☆

2件のコメントを見る

コメントする

関連レシピ

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。