本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 海南チキンライス*柔らか鶏胸肉を使って
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

海南チキンライス*柔らか鶏胸肉を使って

調理時間 30分くらい
完成写真

材料

3人分

  • ジャスミンライス(日本米) 300ml(2合)
  • 柔らか鶏胸肉 2枚
  • 鶏胸肉の汁 適量
  • 素精糖 小さじ2分の1
  • ニンニク・生姜 各 大1かけ
  • コリアンダーの根(あれば) 2本
  • きゅうり 1本
  • コリアンダーの葉(あれば) 適量
  • グループ 天然醸造こうじ味噌 小さじ2 醤油 小さじ2 素精糖 小さじ2強 小さじ2 小口切り生唐辛子 赤と緑 各1本

つくり方

調理時間30分くらい

  • 1 この日はジャスミンライスでチキンライスを作りました。日本のお米だと、粘り気の少ないササニシキ系のお米がこの料理に合います。お米を洗って炊飯器に入れ、鶏胸肉の汁にお水を足して入れます。ジャスミンライスだったら、お米と同量の300ml(計量カップ1.5)、日本米だったら硬めの炊き上がり線まで。
  • 2 ニンニクの芽を取り、生姜とともにすりおろします。小さじ2分の1量を残して、炊飯器に入れます。コリアンダーの根は包丁の腹で潰すか刻んで、素精糖小さじ2分の1と炊飯器に入れさっと混ぜます。(日本米で炊く場合、給水を阻害するので、素精糖は炊く直前に入れてください。)
  • 3 ジャスミンライスならすぐに炊飯します。日本米なら30分経ってから炊飯しましょう。ご飯を炊いている間に、星印の調味料とステップ2の残りのニンニクと生姜・生唐辛子を混ぜてソースを作ります。きゅうりも斜め切りにしておきます。 *お味噌のソースが余ったら、小鍋に豚ひき肉と混ぜ炒めれば、まるで沖縄のご飯の友「あんだんすー」。おにぎりの中身にしてもイケます。
  • 4 ご飯が炊き上がったらすぐに、1cmぐらいの厚さに切っておいた鶏胸肉をご飯の上に載せます。蓋を閉じてそのまま蒸らして15分。鶏肉が温まって、ご飯が十分蒸れたら出来上がり!鶏肉を取り出してお皿にご飯を盛り、きゅうりや鶏肉を並べて、あればコリアンダーの葉を飾り、鶏肉にソースをかけていただきます。あればスイートチリソースも添えます。ソースが2種類あると豪華に見えます。 作業手順4

コツ・ポイント

コリアンダーはパクチーや香菜(チャンツャイ)ともいい、葉っぱも根も料理に使います。私は買うときに根が立派なものを買います。海南鶏飯はふつう鳥もも肉を使いますが、柔らか鶏胸肉があればもも肉に負けない美味しさで出来ます。ご飯に鶏胸肉を乗せて蒸らすと硬くなるのではと思う方は、常温に鶏胸肉を出しておくだけでもいいかも。お店では海南鶏飯の鶏肉は熱々ではないので。天然醸造こうじ味噌が美味しいです。

このレシピを考えたきっかけ

柔らか鶏胸肉が出来たので、簡単夕食に海南チキンライスを作ってみました。この簡単さは休日のランチにも使えます。見た目、手がかかっているように見えるんです。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連レシピ

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。