本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 温まる⭐︎生姜シロップ使用 マサラチャイ
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

温まる⭐︎生姜シロップ使用 マサラチャイ

完成写真

材料

たっぷり2人分

  • 牛乳 300ml
  • 300ml
  • 紅茶葉 小さじ2〜3
  • ⭐︎カルダモンシード 6粒くらい
  • ⭐︎クローブス 6個くらい
  • ⭐︎シナモンスティック(スリランカ) 1本
  • しょうがシロップ 適量

つくり方

調理時間15分

  • 1 すり鉢で⭐︎のスパイス類をすりつぶす。カルダモンシードは硬いので、陶器製のボウルで潰す場合は、ボウルを割らないように要注意です。(スパイスの量は経験値で適当です。カルダモンもクローブも小粒なのでこの量にしています。スパイスは取りすぎも体に良くないので、まずは3粒ぐらいの少量からお試しください。)
  • 2 ボウルに分量の水を入れ、中身を小鍋に移して弱火で加熱します。
  • 3 沸いたら紅茶葉を入れて、スパイスとお茶の成分を充分に煮出します。10分ぐらいです。(CTCの茶葉だともっと少ない分量と時間で煮出すことができます。)
  • 4 牛乳を入れて沸騰させないように温めます。お好みの量のしょうがシロップをカップに入れておきます。小鍋の牛乳が温まったらマサラチャイの出来上がり。漉しながらカップに注いでしょうがシロップとよく混ぜたら、指先まで温まるドリンクの完成です。
  • 5 ※よく混ぜないと、生姜の酵素が牛乳のタンパク質と反応して固まります。ということは、このドリンクを混ぜないでタンパク質の多い水牛の乳で作ると、香港の名物「生姜牛乳プリン」になるってこと? 瓶に残ったしょうがシロップをいつもよりちょっと多めにマサラチャイと混ぜたら、タンパク質がモロモロに固まりました。生姜シロップは甘味を感じる程度の少な目が良いです!生姜シロップの生姜成分と、生活クラブの牛乳のタンパク質が多い証明にはなったかな。

コツ・ポイント

体に良いのはスリランカのセイロン産のシナモンスティックだそうです。写真は粉末シナモンを振っています。このままでも充分温まるのですが、もっと温まりたいときはエネルギー代謝を助けると言われるMCTオイルを垂らして飲みます。さらに温まりたいときはシナモンを振ったホットチョコレート。ココアも温め食材です。免疫力は体温の高さとリンクしています。朝から体温をあげていきましょう!

このレシピを考えたきっかけ

お湯割りしょうがシロップを夜に、素精糖ちょっと入りマサラチャイを朝に飲んでいました。しょうがシロップの成分を見たら、紅茶に加えるのにうってつけ。2つを合わせたら程よい甘みが美味しい、あったかドリンクが出来ました。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。