本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 簡単タンドリーチキン
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

簡単タンドリーチキン

完成写真

材料

4人分

  • 鶏もも肉 2枚
  • プレーンヨーグルト 70g
  • にんにく 1かけ
  • 丸大豆醤油(醤油) 小さじ1
  • 国産レモン果汁 大さじ1
  • カレールウフレーク 小さじ2.5~3
  • 付け合わせ ブロッコリーなど
  • ローリエ 1枚

つくり方

調理時間90

  • 1 鶏肉の余分な脂肪を取り除き、皮に何ヶ所か包丁で切り目を入れる。
  • 2 にんにくはすりおろし、カレールウフレークは大1~2の熱湯で溶いておく。
  • 3 鶏肉以外の材料を全て混ぜ、鶏肉を入れて漬け込む。肉全体を漬け、1時間以上置く。
  • 4 フライパンを中火~強火で熱してなたね油もしくはオリーブ油を大1ほど入れ、鶏肉の皮目から焼く。
  • 5 皮目にこんがりと焼き色がついたら裏返し、裏側にもかるく焼き色をつけてから蓋をして弱火で蒸し焼きにする。
  • 6 肉がふっくらとし、竹串などで刺してみて赤い肉汁が出なければ焼き上がり。食べやすく切り分け、付け合せを添える。

コツ・ポイント

 肉が冷たいと火が通りにくいので、家庭では焼く20~30分前に冷蔵庫から出しておきます。 また、焦げやすいので、漬け込み汁は出来るだけしごき取ります。 付け合せの野菜は人参や玉ねぎなどでも。肉と一緒に焼いても良いでしょう。

このレシピを考えたきっかけ

簡単なパーティー料理を考えていて、ヨーグルトの効果で柔らかくなり、子どもから大人まで楽しめるタンドリーチキンを思いつきました。ヨーグルトをなるべく無駄にせず、買い置きしている家庭が多いカレールウで簡単に作れないかと考えたのが、このレシピです。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連レシピ

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。