本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 牛すじと根菜の筑前煮風
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

牛すじと根菜の筑前煮風

完成写真

材料

4人分

  • 牛すじボイル済み 250g
  • 大根 1/4本
  • にんじん 1本
  • ごぼう 1本
  • レンコン 1節
  • 板こんにゃく 1枚
  • 干ししいたけ 2枚
  • 万願寺トウガラシ 4本
  • ごま油 大さじ1
  • 万能つゆ 1/2カップ
  • 丸大豆醤油 大さじ1
  • 日本酒 大さじ1

つくり方

調理時間60

  • 1 大根、にんじん、レンコン、ごぼうは、皮をむいて乱切りにしておく。レンコン、ごぼうは水にさらしておく。
  • 2 戻しておいた干ししいたけは半分に、万願寺トウガラシは一口サイズに切り、板こんにゃくはコップなどを使ってちぎっておく。
  • 3 熱した厚手の鍋にごま油を入れ、ボイル済みの牛すじ肉と1.2の素材を炒める。
  • 4 油が素材に回ったら、ひたひたの水と日本酒を入れ30分ほど煮込む。厚手の鍋であれば10分ほど煮て蓋をして保温調理でも可。
  • 5 4.に万能つゆと醤油を入れ、さらに10分ほど煮込んで味を含ませる。

コツ・ポイント

圧力鍋や、ライブリー生活用品で取り扱われているジオプロダクトなどの厚手の鍋でガスを節約しながらじっくり煮込むと、牛すじ肉はとろっとろ、野菜もとっても柔らかく仕上がります。

このレシピを考えたきっかけ

下処理済みの牛すじ肉を使ってカレー以外のおいしい煮込み料理を考えました。夕方に用事がある時など、朝から煮込んだり、前夜から作っておいても助かります。牛の旨みを吸った根菜類もたっぷりとれます。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。