本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 本格ボルシチ
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

本格ボルシチ

完成写真

材料

10人分

  • 赤ビート 大1個(500g~700g)
  • 人参 大1本
  • 玉ねぎ 大2個
  • キャベツ 半分
  • 牛肉小間切れ 310g
  • ぶなしめじ 1株
  • えのきだけ 1株
  • トマト 中2個
  • オリーブオイル 大さじ1~2
  • 真塩(ましお) 小さじ1
  • コンソメ 4袋
  • ローリエ 2枚
  • こしょう 適宜

つくり方

調理時間30

  • 1 ビート、人参は皮をむき、スライサーでせん切りにする。玉ねぎ、キャベツは粗めの千切りキノコ類は石づきをとり小ぶさに分ける。
  • 2 鍋に2リットルのお湯を沸かす。人参・ビートをなたね油を敷いた中華鍋で炒めてからお湯の鍋に投入、次いで玉ねぎも同様に。
  • 3 中華鍋にオリーブオイルをいれ、塩こしょうをした牛肉小間切れを炒めてからお湯の鍋に投入。鍋にローレル、コンソメ、真塩を投入
  • 4 トマトをくしぎりにする。鍋の野菜にひととおり火が入ったら、キノコ類、キャベツをいれ、かさが減ったらトマトを入れて煮る。 作業手順4
  • 5 ひとにたちしたら出来上がり!

コツ・ポイント

②で野菜を投入後、あくが出てくるのですがこれを取るか否かは判断お任せします。取った方が見た目にもキレイに仕上がりますが、味が悪くなるような性質のものではないです。 ビートがない場合はその分、人参、トマトを増量すれば、見た目らしくなります。 ぬまたろうはどうしても薄味になるので「こんなんじゃ味が足りないよ」な人は、コンソメをあと2袋くらい・りんご酢を大さじ1~2足して煮込めば味が深まるはず。

このレシピを考えたきっかけ

ボルシチは好きで良く作ります。モスクワの主婦の間で野菜をスライサーできって手早く調理するのが流行りときき、真似てみました。火が通るのが早くなって良いですね。赤ビーツ手に入らない場合は人参とトマトを量を増やすといいです(なお、ビートの食感は大根が比較的近いですか、かなり土臭い野菜でかたいです。味はあえていうとほうれん草の根を100倍くらい濃くした感じ……といえばぴったりか)

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連レシピ

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。