本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > ハレの日は、うなぎのちらし寿司でお祝い!
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

ハレの日は、うなぎのちらし寿司でお祝い!

完成写真

材料

4人分

  • 遊YOU米 2.5合
  • 五目ずしの素 1瓶
  • きざみうなぎ 1袋
  • 古平のいくら醤油漬け 1/2~1パック
  • 焼のり 2~3枚
  • 鶏卵 2~3個
  • 国産ブレンドなたね油 大さじ1
  • 菜ばなor大葉 1袋

つくり方

調理時間60

  • 1 いくらは解凍、薄焼き卵を細切りし錦糸卵に。きざみうなぎを温めてタレをからめる。刻んだ大葉か、茹でた菜ばなの穂先を用意。 作業手順1
  • 2 ご飯を炊いて器にあけ、五目ずしの素をさっくりと混ぜて冷ましておく。 作業手順2
  • 3 2に焼きのりを細く切るか、揉んでかける。うなぎの時は海苔が多めが美味しい 作業手順3
  • 4 4に錦糸卵、うなぎ、大葉か菜ばなの順にのせ、最後にいくらをスプーンですくって所々にのせ、出来上がり! 作業手順4

コツ・ポイント

うなぎのちらし寿司には、海苔や錦糸卵が多めの方が美味しい。菜花は茹でて、穂先だけ使う。残りは、刻んでご飯にまぜ込むか、お吸い物に入れるとよい。

このレシピを考えたきっかけ

我が家は、とにかく鰻が好き。お祝いにはよく作るちらし寿司に、きざみうなぎをのせてみたら、大好評!ハレの日のお祝い寿司が、いっぺんに豪華版に!きざみうなぎはとてもリーズナブルで家計にやさしい。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。