本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 大豆の戻し方・ゆで方(圧力鍋を使う場合)
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

大豆の戻し方・ゆで方(圧力鍋を使う場合)

カタログ掲載 完成写真

つくり方

  • 1 十勝産大豆1袋はさっと水洗いし、大豆の4~6倍の水に浸ける(夏は6時間、冬は8時間程度)。
  • 2 ①の水を捨てて大豆を圧力鍋に入れる。
  • 3 水を加えふたをして強火にかける。加える水の量は大豆500gで水1.5リットル、大豆300gで水1リットル(5カップ)、大豆200gで水600ml(3カップ)
  • 4 圧力がかかったら弱火にして3分ほど加熱する。
  • 5 火を止めて圧力が抜けるまでそのままおき、抜けたらふたを開けて冷めるまで茹で汁に浸けておく。
  • 6 ゆで大豆の保存はチャック付きのポリ袋に入れて冷凍を。サラダや和え物用には汁を除き、スープ用には汁ごと保存しておくと便利です。 作業手順6

コツ・ポイント

圧力鍋に入れる豆の量は、鍋の設定量に合わせてください。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

コメントする

生活クラブのカタログに掲載されているレシピです。生活クラブの詳細はこちら 別のウィンドウで開きます。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。