本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 梅の塩漬け(梅干のもと)
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

梅の塩漬け(梅干のもと)

カタログ掲載 完成写真

材料

作りやすい分量

  • 梅(梅干用) 2kg
  • 焼酎 1/2カップ
  • 真塩 300g
  • もみしそ 300g

つくり方

  • 1 水に漬ける:梅は1つ1つよく見て傷んだものを取り除き、たっぷりの水に一晩漬けてアクを除く。
  • 2 ヘタを取る:梅をざるにあげ、清潔な布巾などで水気をふき取り、実を傷つけないようにヘタを竹串で取る。 作業手順2
  • 3 焼酎と真塩をまぶす:ボウルに梅を入れ、焼酎、真塩の順に振り入れて全体にまぶす。煮沸消毒をした保存びんに入れ、冷暗所に置く。 作業手順3
  • 4 梅酢があがるのを待つ:2日目ぐらいから梅酢が出てくるので、びんをときどき振ってなじませながら、冷暗所で1週間以上おく。この梅の塩漬けにもみしそをのせれば、2~3ヶ月後には赤い梅漬けが食べられる。梅干用の干すスペースがない場合はこちらで。 作業手順4

コツ・ポイント

●梅2kgを漬けるなら、4Lくらいの保存びんがおすすめです。●梅酢が梅の7分目ぐらいまであがっていると、梅の塩漬けのできあがり。●梅が梅酢につかった状態を保つためときどきびんを振ります。(カビ発生を防ぐため)

報告する

コメント

コメントがまだありません。

コメントする

生活クラブのカタログに掲載されているレシピです。生活クラブの詳細はこちら 別のウィンドウで開きます。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。