本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > なすとピーマンの鍋しぎ
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

なすとピーマンの鍋しぎ

カタログ掲載 完成写真

材料

4人分

  • なす 5本(350g)
  • ピーマン 3個(120g)
  • 赤唐辛子(輪切り) 1本
  • ごま油 大さじ1
  • グループ 信州田舎みそこうじ 大さじ1と1/2 素精糖 大さじ1と1/2 みりん風醸造調味料 大さじ1と1/2 丸大豆醤油 小さじ1 小さじ1

つくり方

  • 1 ヘタの元に包丁を入れてヘタとガクを切り落とす。まだガクがついていれば取る。手でかんたんに取れる。 作業手順1
  • 2 皮は縦に縞状にむく。これを「縞目にむく」という。こうすると火の通りが早くなり、味がしみ込みやすくなる。ピーラーを使うとかんたん。 作業手順2
  • 3 下ごしらえしたなすは乱切りにする。ピーマンはヘタと種を取り除き、乱切りにする。★は混ぜ合わせておく。
  • 4 鍋にごま油を熱し、なすを炒める。しんなりしたら、赤唐辛子とピーマンを加えてさらに炒め、全体に油がまわったら★を加えて手早く混ぜ合わせる。

コツ・ポイント

●なすの皮の濃い藍色は、ゆっくり加熱すると色がとんでしまうので、油で揚げたり、高温で煮るなど、短時間で調理し色抜けを防ぎましょう。●みそは焦げやすく香りがとびやすい食材です。最後に合わせみそAを加えたら、一気に手早く仕上げましょう。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

コメントする

生活クラブのカタログに掲載されているレシピです。生活クラブの詳細はこちら 別のウィンドウで開きます。

関連レシピ

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。