本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 苦手が消える? スパイシー炒飯
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

苦手が消える? スパイシー炒飯

完成写真

材料

3人分

  • 3個
  • 麦ご飯(パラパラになる) 3膳分
  • 牛ひき肉 180g
  • 玉葱2種・パプリカ・韮・ししとう・パセリ 好きなだけ
  • グループ 微量の真塩+素精糖水 少量
  • グループ 塩こしょう(+ウスターソース・カレー粉) 好みの量

つくり方

調理時間15分

  • 1 入れる野菜を粗みじん 作業手順1
  • 2 卵チャーハンを作る(味付け無) 作業手順2
  • 3 生ひき肉に★をまぜてから炒り始め、レンチンした玉ねぎ、粗く刻んだ苦手食材(ししとう、パセリの軸・えのきを入れることもある)をいれて炒め、●で味付ける。苦手意識の強い子には+ウスターソース・カレー粉を推奨。 作業手順3
  • 4 生でいける食材と2.の卵チャーハンを投入して、味をととのえて完成。 作業手順4
  • 5 盛付け例。塩こしょう de 塩レモンとウスターソース添え 作業手順5

コツ・ポイント

肉味噌やハンバーグ、かき揚げに苦手食材を切りまぜ、食べ終えたら笑って食材をバラす、をしてきた後の、至って普通の洋風チャーハン。苦手を「見える化しやすい」のと「味を薄く出来る」ので、 最初はカレー粉やウスターソース頼みでも、うまくいけば段々薄くして、素材の味でも食べられるんだ!と、子どもに自信をつけてあげられるかな?と。子供も満足だそう。焼きうどんも有効で、繊維方向に切った野菜は食べやすいです。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。