本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 牛肉のサルティンボッカ風
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

牛肉のサルティンボッカ風

カタログ掲載 完成写真

材料

3人分・9個分/1人分:284kcal 塩分:1.4g

  • 牛肉切り落とし 160g
  • 馬鈴薯 1個
  • いんげん 30g
  • ブラウンマッシュルーム 3個(30g)
  • 無塩せき生ハム 9枚(54g)
  • 国産小麦粉薄力タイプ 小さじ1
  • バター 15g
  • グループ 真塩 少々 こしょう 少々
  • グループ 白ワイン 大さじ1 レモン果汁 小さじ1

つくり方

調理時間25分

  • 1 馬鈴薯は皮つきのまま一口大に切り、耐熱容器に入れてラップをかけ、電子レンジで3分ほど加熱する。いんげんは斜め半分、マッシュルームは半分に切る。
  • 2 牛肉を広げ、生ハムのサイズに合わせて大きな肉はたたみ、小さな肉は重ねる。同様に9個作り★をふり、生ハムを1枚ずつのせ、爪楊枝でとめる。それぞれ表面に小麦粉を薄くまぶす。
  • 3 フライパンにバターを熱し、①と②を焼く。①は転がしながら全体に焼き色をつける。②は牛肉側から焼き、焼き色がついたら上下を返して生ハムにも焼き色をつけ、器に盛る。
  • 4 同じフライパンに●を入れて一煮立ちさせ、肉にかける。

コツ・ポイント

※食べるときに爪楊枝を外してください。※ サルティンボッカはイタリア語で「口に飛び込む」の意味。牛肉などに生ハムをのせ て焼く、ヨーロッパではポピュラーな料理です。フレッシュハーブのセージをのせると本格的な仕上がりになります。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

コメントする

生活クラブのカタログに掲載されているレシピです。生活クラブの詳細はこちら 別のウィンドウで開きます。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。