本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 鶏手羽元で筑前煮
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

鶏手羽元で筑前煮

カタログ掲載 完成写真

材料

4人分/1人分:416kcal 塩分2.7g

  • 鶏肉手羽元 500g
  • 乾しいたけ 4枚(16g)
  • 里芋 2個(140g)
  • 生いもこんにゃく 1/2個(150g)
  • ごぼう 1/2本(100g)
  • 人参 1/2本(90g)
  • レンコン 1節(200g)
  • なたね油 大さじ1
  • 絹さや 4枚(8g)
  • グループ 丸大豆醤油 小さじ2 料理酒 小さじ2
  • グループ 丸大豆醤油 大さじ3 素精糖 大さじ2 みりん風醸造調味料 大さじ1 料理酒 大さじ1

つくり方

調理時間45分※

  • 1 乾しいたけは軽くほこりや汚れをはらい、水につけて冷蔵庫に入れ、2時間~ひと晩おく。水気を絞って石づきを除き、4等分にする。もどし汁はとっておく。
  • 2 鶏肉手羽元は解凍してフォークなどで表面に数か所穴をあけ、★をもみ込み15分ほどおく。
  • 3 里芋は食べやすい大きさに切る。鍋に里芋とたっぷりの水を入れて火にかけ、煮立ったら5分ほどゆでてザルにあげる。こんにゃくは食べやすい大きさにちぎり、3分ほどゆでてザルにあげる。ごぼう、人参、レンコンは乱切りにし、レンコンは5分ほど酢水にさらす。
  • 4 鍋になたね油を熱して②を炒める。肉の色が変わったら①のしいたけと③を加え、全体に油がまわったら●、①のもどし汁1カップ、水1/2カップを加える。落としぶたをして弱火で20分ほど煮る。
  • 5 絹さやは筋を除いて斜め半分に切る。落としぶたを取り、絹さやを加えて2分ほど煮る。全体に照りが出たら火を止める。

コツ・ポイント

調理の際に骨から旨みを含んだ髄液がしみ出すため、骨周辺が赤みがかって見える場合があります。レシピ通りの時間・温度で加熱していれば“生煮え”ではありません。そのまま食べられます。里芋は下ゆでするとぬめりが取れて味が中まで入り、見た目もよくなります。乾しいたけの軸は、硬い石づき部分以外は手で裂き具として使えます。※調理時間は解凍時間・もどし時間・漬け込む時間を除く

報告する

コメント

コメントがまだありません。

コメントする

生活クラブのカタログに掲載されているレシピです。生活クラブの詳細はこちら 別のウィンドウで開きます。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。