本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > ビオサポ記事 > 【子どもごはん相談室】お悩み:栄養が足りているか心配です。
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

【子どもごはん相談室】お悩み:栄養が足りているか心配です。

どうしたら食べてくれる?
栄養バランスは?などなど…
健康に育ってほしいと思えば思うほど、
子どもの食事の悩みはつきないもの。

こうあるべき!こうしなきゃ!
にとらわれがちなパパママへ向けて
ちょっとしたアイデアや視点を変えることで
できる解決のヒントを紹介します。

お悩み:栄養が足りているか心配です。

子どもにおいしく食べてほしくて、カレーライスやオムライスなど、ついつい子どもの好きな料理ばかりになりがちです。栄養面で気を付けたほうがいいことってありますか?

子供 栄養

ゆる技ポイント:栄養バランスは広い期間で考えてみて

食べられるものに限りがあると、子どもの栄養バランスこれでいいのかなと気になりますよね。元気に過ごせていれば、気にしすぎなくても大丈夫。1週間単位などある程度の広い期間で、まんべんなく食べられていれば問題ないと考えましょう。幼児期に摂りたい栄養素は、体の土台となる骨や筋肉の成長に必要なカルシウムと鉄です。カルシウムは乳製品、小魚など、鉄はレバー、あさり、納豆などに多く含まれます(イラスト参照)。これらの食品を毎日必ず食べなければと思うのではなく、おやつや食事にプラスしてみようと意識することから始められるといいですね。子どもにとって食べやすく、親も準備しやすい食材などを選んでみましょう。

クラムチャウダー
クラムチャウダー

詳しいレシピはこちら

プラスアイデア:カルシウムと鉄の上手なとり方を紹介します

鉄は、ビタミンCと一緒に摂ることで吸収率がUP。切ってすぐ食べられる果物をデザートに組み合わせるのがおすすめです。カルシウムは、ビタミンDと一緒に摂ると吸収率がUP。牛乳やしらすはカルシウム、ビタミンDともに含まれているので、飲み物を牛乳に変えたり、ごはんにしらすをのせたりなどしながら、手軽にとりいれてみませんか?

 

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。