本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > ファーブルトン
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

ファーブルトン

完成写真

材料

20cmタルト型1台分

  • 鶏卵 2個
  • 素精糖(粉末) 60g
  • 小麦粉 薄力タイプ 70g
  • パスチャライズド牛乳 300ml
  • 全酪連バター 10g
  • ラム酒 大さじ1杯
  • ドライプルーン 6~10個
  • 型に塗るバターと素精糖 適量
  • プルーンのもどし液 素精糖 15g
  • プルーンのもどし液 お湯 50g
  • プルーンのもどし液 ラム酒 適量

つくり方

調理時間60

  • 1 ドライプルーンをもどし液につけてやわらかくもどし、4つに切っておく
  • 2 型にバターを薄く塗り、型の内側全体に素精糖をパラパラとふりかけておく
  • 3 オーブンを200℃に余熱しておく
  • 4 たまごはカラザを取り除き、よく溶いておく
  • 5 ボウルに素精糖粉末と小麦粉を入れ、均一な粉末になるまでよく混ぜておく
  • 6 小鍋に牛乳の半量(150ml)とバターを入れて火にかけ、かき混ぜながら沸騰直前まで温めて火からおろす。
  • 7 6.にすぐに残りの冷たい牛乳を入れて混ぜる
  • 8 5.の粉のボウルに7.の牛乳を少しずつ加えながら手早くゴムベラで、なるべく均一になるようによく混ぜ合わせる。
  • 9 8.に溶いたたまごとラム酒を加え、その都度よく混ぜる。ダマが残っていたら、漉し器で漉す
  • 10 型の底面にプルーンをやや押し付けながら並べ、9の生地を静かに注ぐ
  • 11 10.を天板にのせ、オーブンに入れてきれいな焼色がつき真ん中の部分が膨らむまで焼く。目安は30~40分
  • 12 焼き上がったら、型に入れたまま網の上などで冷ます

コツ・ポイント

おいしく作るコツは、素精糖粉末を使うことと新鮮な材料でつくること。なめらかな生地にするためには、その都度よく混ぜることもポイントです。冷たくしても、焼きたての熱々でもおいしいですよ。

このレシピを考えたきっかけ

ビジョンフードのたまごとパスチャライズド牛乳をつかったお菓子のレシピを試食会で披露していただきました。試食会ではバニラアイスを添えていただきました。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連レシピ

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。