本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 極上の鰻のひつまぶし!
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

極上の鰻のひつまぶし!

完成写真

材料

2人分

  • うなぎの蒲焼きカット(静岡産) 1袋
  • ご飯 1合半
  • 白だし 大さじ1
  • 冷凍おろしわさび 2袋
  • 焼のり 1枚
  • 長ネギ 10cm
  • 白ごま、大葉やミョウガ 適量

つくり方

調理時間10

  • 1 鍋で湯を沸かし中袋のまま鰻を入れ弱火で4分温め、火を止めタレの袋を入れておく。鍋に水150cc、白だしを入れて温める。
  • 2 <薬味>長ねぎは縦半分にして刻む。焼きのりは揉むか長さ3cmの細切り。わさびは解凍する。大葉やミョウガは細く刻んでおく。
  • 3 丼にご飯を盛り、温めた鰻を1cm幅に切ってのせる。鰻の上に山椒をかける。

コツ・ポイント

薬味が意外と重要な役割です。海苔、わさび、長ネギ、大葉、白ごま等。刻んだ鰻をのせた丼のご飯を4等分、まずはそのまま。次は薬味たっぷりで。そして薬味と白だしでささっと作った薄味のだしをかけてお茶漬け。最後は気に入った食べ方で。

このレシピを考えたきっかけ

生活クラブの鰻は極上の味!頑張った日の夕飯には、冷凍庫で見つけた鰻で、薬味たっぷりのひつまぶし!今夜の箸休みは、奈良漬けにきゅうり漬け、自家製のらっきょうや茄子漬け。うちの家族は、このひつまぶしが大好き!息子は最後の1/4はまた半分にして、薬味と茶漬けの両方だってさ!(^_-)-☆ 

報告する

コメント

bee&momo-muさん bee&momo-muさん
コメント画像

今年の夏、2度目の土曜の丑の日。いつもより豪華なうなぎの量。美味しかったです!箸休みの奈良漬けは欠かせませんね~!

2017/08/07 00:00

1件のコメントを見る

コメントする

関連レシピ

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。