本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 揚げ物のコツ
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

揚げ物のコツ

カタログ掲載 完成写真

つくり方

  • 1 材料の水気をしっかりとる:水気が残っていると油がはねて危険。天ぷらなどではキッチンペーパーでしっかり水気をふき、衣をつけましょう。 作業手順1
  • 2 適した温度で揚げる!:レシピに書かれた温度で揚げましょう。コロッケや春巻などの冷凍食品は袋に表示されている温度をチェック。 作業手順2
  • 3 油をよくきる:揚げ鍋の上で2~3回ふって油をきると、サクッと仕上がります。 作業手順3
  • 4 油の温度の目安(160℃):底まで沈んで少しすると浮き上がってくる。野菜の天ぷら、鶏の唐揚などのとき。 作業手順4
  • 5 油の温度の目安(170~180℃):半分くらい沈んで浮き上がってくる。とんかつ、かきあげなどのとき。 作業手順5
  • 6 油の温度の目安(180~190℃):すぐに表面に散る。魚の天ぷらや二度揚げの2回めなどのとき。 作業手順6

報告する

コメント

コメントがまだありません。

コメントする

生活クラブのカタログに掲載されているレシピです。生活クラブの詳細はこちら 別のウィンドウで開きます。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。