本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 簡単たっぷり豚カレー
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

簡単たっぷり豚カレー

完成写真

材料

6人分

  • 豚肉カツ用 340g(1パック)
  • 人参 大2本
  • 北海道の玉ねぎソテー 210g(1袋)
  • カレールウ(中辛タイプ) 120g(1パック)
  • 塩胡椒 適量

つくり方

調理時間30分

  • 1 材料はこれだけ。豚肉をお好きな大きさの角切りに、人参を大きめの乱切りにします。 作業手順1
  • 2 熱した鍋に油を引き、豚肉を脂身から焼いていきます。脂身はしっかり焼き、あとの面は色が変わるくらいまで炒めます。 作業手順2
  • 3 人参も入れて軽く炒め、凍ったままの炒め玉ねぎと水850ccも入れて蓋をして火を強めます。 (私は時短で圧力鍋を使っています。圧力鍋の場合は、重りが振れ始めたら弱火にして煮込みます。) 作業手順3
  • 4 野菜が煮えたら、火を止めてルウをかき混ぜながら溶かします。再び火をつけて、弱火で煮込んだら出来上がり!味をみて塩胡椒しても。 たっぷり出来るので、二日目のカレーは四つ割り椎茸1パックとパプリカ1パックを入れて温めていただきました。時間があったら、パプリカは黒くなるまで素焼きにして、皮を剥いて加えると甘味が引き立ってさらに美味しいです。じゃがいもや焼きかぼちゃを添えても美味しいです。 作業手順4

コツ・ポイント

子供といっても中高生男子向けかもしれません。たっぷり入った豚肉の脂の甘さ・人参の甘さが美味しい!良い豚肉は脂身が甘くて美味しいので、しっかり焼いて香ばしさを出します。人参もつやつやで、存在感を出したいので大きめ乱切りです。玉ねぎソテーも甘いので、中辛のルウでも甘めに仕上がります。余ったら具材を小さくして小麦粉を少し入れて、カレーパンの中身にしても美味しいです。

このレシピを考えたきっかけ

ご飯作りが面倒なとき、王道のカレーを食べたいときに冷蔵庫の中の材料で作ったのがきっかけ。生活クラブのルウは油脂が多すぎないので洗い物も楽で、のんびりしたいときにぴったりのメニューです。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。