本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 甘夏のシロップ漬け
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

甘夏のシロップ漬け

カタログ掲載 完成写真

材料

  • 甘夏みかん 2個(700g)
  • ビートグラニュー糖 600g
※カビが発生する原因になるため、甘夏みかんに対するビートグラニュー糖の分量は守るようにしてください。
※甘夏みかんは一度ゆでこぼすことで苦味が除かれ、食べやすくなります。
※強く煮立て過ぎると実が煮崩れてしまうので注意してください。
※ビートグラニュー糖が溶けきらない場合は、びんの縁に沿って乾いた清潔な菜箸を入れ、そっとかき混ぜてください。
※取り出す際は、水分のついた菜箸などは入れないようにしてください。カビ発生の原因となります。
※作った後は冷蔵庫で保管し、1ヶ月以内を目安に食べきります。
※ヨーグルトやケーキに加えたり、炭酸水や紅茶に加えて楽しめます。

▼びんの消毒方法はこちら
https://recipe.seikatsuclub.coop/recipe_detail.html?R_ID=10000001626

つくり方

  • 1 甘夏みかんは両端を切り落とし、皮ごと5mm厚さの半月切りにし、種を取る。
  • 2 鍋に①と、かぶるくらいの水を入れて火にかけ、沸騰したらザルにあげて水気をきる。鍋に戻し、かぶるくらいの水を加えて火にかける。ふつふつとしてきたら火を弱め、10〜15分ゆでる。皮が半透明になったら取り出し、粗熱をとる。
  • 3 消毒した清潔なびんに②、ビートグラニュー糖の順で交互に詰め、最後にビートグラニュー糖をまんべなくまぶす。ふたをして、冷暗所におく。3〜4日たってビートグラニュー糖が溶けきったら食べごろになる。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

コメントする

生活クラブのカタログに掲載されているレシピです。生活クラブの詳細はこちら 別のウィンドウで開きます。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。