本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > ビオサポ記事 > 朝ごはんを食べて一日元気に(*^_^*)v
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

朝ごはんを食べて一日元気に(*^_^*)v

みなさん、毎日欠かさず朝食を食べていますか?\(^o^)/

最近、朝がとても寒くなってきましたが、特に冬になると、あと5分寝ていたいという欲求から朝ごはんを食べない方もいるのでは?

また、ダイエットのために朝ごはんを抜く方もいるかもしれません。

朝ごはんは、ただお腹を満たすためだけにとるのではないのです。

昼間、集中力が途切れがちで、眠くなって勉強や仕事がはかどらないことってないですか?

それは、脳のエネルギーが低下していることが原因かも?

朝ごはんを食べることは、脳の働きに大きく関係しています。朝ごはんの大切さを見直しましょう。

朝食を食べない習慣を続けると、どんなことがおこるのでしょうか?

 ♦ 作業能率が上がらない

 ♦ 体温がなかなか上がらない

 ♦ 疲労感を感じる

 ♦ 1日に必要な栄養素が摂れにくくなる

 ♦ ドカ食いや早食いになりやすい

 ♦ 中性脂肪が蓄積しやすくなる

などが挙げられます。

ダイエットのために朝ごはんを抜いても、結局間食を食べ過ぎたり、お昼にドカ食いしたら意味ないですね(^_^;)

では、朝ごはんをちゃんと食べると、どんな良いことがあるのでしょうか?

 ♦ 生活のリズムを作る

 ♦ 体と脳へエネルギーを補給する

 ♦ 余分な間食をしなくて済むので肥満予防になる

 ♦ 便秘の予防

 ♦ 仕事の能率が上がる

 ♦ 体温が上昇し、代謝が活発になる

ご自身の普段の生活に当てはまるところはありませんか?

朝ごはんは、子どもの学力や精神的な面にも大きく影響しているようです。

例えば、朝食の摂取と学力調査の平均正答率との関係を見てみましょう。

出典:厚生労働省 食育白書 家庭における食育の推進

このグラフからは、毎日朝食を食べる子どものほうが、学力調査の平均正答率が高いことが明らかです。

確かに、朝ごはんを食べずに学校へ行って、おなかが鳴るのを気にしていては勉強に集中できませんよね((+_+))

それから、精神的な面でも、朝ごはんは無関係ではありません\(◎o◎)/

こちらは、かなりはっきりとした結果になっていますね。

朝ごはんは、やる気や集中力を高めてくれるほか、朝ごはんをしっかり摂って気持よく朝を迎えることによってマイナスな気持ちも吹き飛ばしてくれるのかもしれません(*^^)v

朝から何品も作らなくても、お肉や野菜が入った具だくさん味噌汁とご飯だけでもOKです。前の日に少し多めに作り置きをしておいたり、卵やのりを活用すると朝がぐんと楽になりますよ。

それでもどうしても面倒くさい、時間が無い!ってときには、バナナだけでも(*^^)v できるところから始めて、「朝ごはんを食べること」を身につけて習慣にしていきましょう。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。