本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > ビオサポ記事 > 野菜の保存方法
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

 

第七話 野菜の保存方法

大家さん、この間買った本をまた見てたんですけど、今度はお野菜を使った料理を作ってみたいです

そうね~、この“ハムと野菜の炒め物”なんていいんじゃないかしら?

あ、お野菜いっぱい! これにしましょう

じゃあ、さっそく材料を買ってきましょうか




-- 30分後… --

……大家さん、キャベツ丸ごと買っちゃいましたけど、これ全部使うんですか!?

ふふ、さすがに全部は使わないわよ。残った分は次に使えるように保存しておきましょう。上手に保存すると、キャベツは案外日持ちするのよ~

キャベツの保存方法 ポイント

芯をくりぬいて成長を抑える

乾燥させないようにする

カットしたものは冷凍保存が◎

さて、使う材料は “キャベツ2枚”ね。残りは保存するから、まずは芯をくりぬいておきましょう

え? どうしてですか?

芯があると成長を続けて水分や栄養を使うから、みずみずしさが失われて味も落ちていくの。だから芯を取って成長を抑えるのよ。はがしやすくもなるしね

へ~、そうなんですね

キャベツの芯を上にして置いて、包丁の先を芯のすぐ外側から中心に向かってななめに4、5㎝くらい刺したら、ぐるっと一周切り込みをいれてみて

包丁が進みません!

キャベツのほうを回していくのよ。切り込みを入れながら一周すれば、手で芯をひねるだけでスポッと取れるわよ

本当だ! 気持ちいい~

取れたら根元からキャベツをはがしてみて

簡単にはがせる~! ……あっ、2枚でいいのに、いっぱいはがしちゃいました

あら、大丈夫よ。後でまとめて切っちゃいましょう。残ったキャベツはくりぬいたところに湿らせたキッチンペーパーを詰めておくと、みずみずしさが保てるのよ

外側も乾燥させないように、サッと水で湿らせてキッチンペーパーで包んでね。包んだらポリ袋に入れて、芯を下にして野菜室に入れておきましょう。野菜が呼吸できなくなるから、袋の口は軽めに結んでね

芯を下にして置くのは意味があるんですか?

育った状態と同じようにして保存すると長く持つの。ほかの野菜も同じよ。葉物野菜やきゅうりなんかは立てて保存してね

   

もし半分に切ったものを買ったら、断面を湿らしたキッチンペーパーで覆ってポリ袋に入れておくと、まだ鮮度を保てるわ

じゃあ、料理の下準備を始めましょうか。さっきのはがしたキャベツを洗って水気を切ったら、2枚をざく切りにしましょう。ざく切りはだいたい3㎝の幅に切って、90度回してまた3㎝幅にザクザク切ればいいのよ

それなら簡単! 簡単!

余分にはがした葉も同じように切っちゃいましょう

こっちはどうするんですか?

ジッパー式の保存袋に入れて、空気を抜いてから冷凍庫に入れておくとかなり持つわ。炒め物やスープにそのまま加えて調理できるから、切る手間が省けるわよ

それはラクチンかも!

ピーマン1個は縦に切って種を取ったら1㎝幅に切ってね。人参は短冊切りよ

この間やったんで、任せてください!

上手よ~。ロースハムは放射線状に6等分して、卵は溶いておきましょう

かつおぶしと塩、こしょう、和風だしも準備OKです

それじゃあ、いよいよ炒めていくわよ~

キャベツの保存方法 おさらい

芯をくりぬいて成長を抑える

乾燥させないようにする

カットしたものは冷凍保存が◎

ハムと野菜の炒め物
 

ハムと野菜の炒め物
詳しいレシピはこちら

関連ビオサポ記事

関連レシピ

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。