本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 簡単!夏野菜たっぷり「だし」風
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

簡単!夏野菜たっぷり「だし」風

完成写真

材料

作りやすい量

  • きゅうり 1本
  • なす 1本
  • ミョウガ 2個
  • 大葉 8枚
  • 長ねぎ 1/2本
  • みついしきざみ昆布 少々
  • 丸大豆醤油 大さじ3
  • 白だし 大さじ1

つくり方

調理時間10

  • 1 材料の野菜は洗って水気を切っておく。 作業手順1
  • 2 これ!漬物には大活躍。必需品! 作業手順2
  • 3 きゅうりは5mm位の荒みじんに切る。 作業手順3
  • 4 なすも荒くみじん切りに。 作業手順4
  • 5 ミョウガと長ねぎは細かくみじん切りにする。 作業手順5
  • 6 大葉は半分にして千きりにする。 作業手順6
  • 7 刻んだ野菜、きざみ昆布をボウルに入れ、白だし、醤油を加えてよく混ぜ合わせる。 作業手順7
  • 8 出来上がり!胡麻をふってもいい。 作業手順8
  • 9 瓶で保存して、冷蔵庫で冷やしておくと、いつでもご飯や豆腐にかけて食べられる。納豆にも合う。 作業手順9

コツ・ポイント

刻む大きさはお好みで。あれば、さっと塩茹でしたオクラや長芋をきざんで加えると、もっと本格的な「だし」になりますよ。

このレシピを考えたきっかけ

昔、山形の知人に教わってから、毎年ミョウガの季節に醤油だけで作っていました。白だしや昆布を入れるとよりまろやかになりました。暑い夏、食欲のない時もご飯がすすみます。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。