本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 里芋と油揚げのみそ汁
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

里芋と油揚げのみそ汁

完成写真

材料

2~3人分

  • 里芋 2個
  • 油揚げ 1/2枚
  • 肉厚わかめ 5g
  • ねぎ 10~12㎝
  • かつお厚けずり 5g
  • 信州田舎みそこうじ 大さじ2くらい
  • 2カップ

つくり方

調理時間10

  • 1 わかめは戻し、油揚げはお湯を掛けてさっと油抜きしておく。 作業手順1
  • 2 里芋は皮を剥き5㎜厚さに切る。油揚げは細切り、ねぎは小口切り、わかめは一口大に切る。 作業手順2
  • 3 鍋にお湯を沸かし、沸騰したらかつお厚けずりを入れ弱火にする。出汁が出たら網じゃくしで厚けずりをとり除く。 作業手順3
  • 4 ③の鍋に里芋と油揚げを入れて煮る。里芋に火が通ったら、ねぎを加え、味噌を溶きながら入れ、わかめを加えて火を止める。 作業手順4

コツ・ポイント

かつお厚けずりは贅沢だけどとってもいい出汁が出るので、つい使ってしまいます。肉厚わかめは煮立てると色が変わって残念なことになるので、先にお椀に入れておいてもいいのですが、冬は温かい方がいいので、私は火を止める直前に鍋に入れています。水の量は蒸発分などで加減して下さい。里芋は泡が出るので火加減に注意!でもぬめりが体にいいので、茹でこぼしたりしないでね!

このレシピを考えたきっかけ

子供の頃、掘りたての里芋のお味噌汁が大好きでした。油揚げとの相性が良くおみそ汁には欠かせない肉厚わかめも入れて、栄養のバランスも考えています。ねぎを加えて体がぽかぽかになり、冬の朝にはもってこいのレシピです。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。