本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 鶏手羽元で筑前煮
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

鶏手羽元で筑前煮

カタログ掲載 完成写真

材料

4人分:186kcal 塩分:2.2g

  • 鶏肉手羽元 4本
  • 万能つゆ 大さじ4
  • 乾しいたけ 4枚
  • 冷凍いんげん 4本
  • ちちぶよしだのやまこんにゃく 1/2枚(150g)
  • ごぼう 1/2本(50g)
  • 人参 1/2本(90g)
  • レンコン 1/4個(50g)
  • なたね油 大さじ1
  • 里芋 2個(140g)
  • 素精糖 大さじ1

つくり方

調理時間30分

  • 1 鶏肉は解凍してフォークなどで表面に数か所穴をあけ、万能つゆ大さじ1をもみ込む。しいたけは包材の表示通りにもどし、水気を絞って石づきを除き、半分に切る。もどし汁は取っておく。冷凍いんげんは塩ゆでにし、食べやすい大きさに切る。
  • 2 里芋は皮を剥き、食べやすい大きさに切って3分ほど下ゆでする。こんにゃくは食べやすい大きさにちぎり、2〜3分下ゆでして水気をきる。ごぼう、人参、レンコンは乱切りにし、レンコンは5分ほど酢水にさらす。
  • 3 鍋になたね油を熱し、鶏肉を炒める。肉の色が変わったら、しいたけと②を加え、全体に油がまわったら残りの万能つゆ、素精糖、①のもどし汁1カップを加える。落としぶたをし、15分ほど弱火で煮る。
  • 4 全体に照りが出てきたら火を止め、いんげんを加えて混ぜる。

コツ・ポイント

●調理の際に骨から旨みを含んだ髄液がしみだすため、骨周辺が赤みがかって見える場合があります。レシピ通りの時間・温度で加熱をしていれば“生煮え”ではありません。そのままおいしく食べられます。●里芋を下ゆでをすることで、煮汁が濁るのを防ぎます。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

コメントする

生活クラブのカタログに掲載されているレシピです。生活クラブの詳細はこちら 別のウィンドウで開きます。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。