本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 炊飯器で低温チャーシュー
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

炊飯器で低温チャーシュー

調理時間 2.5〜3.5時間
完成写真

材料

  • 豚肉赤身ブロック・直経5×7cm 400g
  • グループ 塩麹、なければ塩3g 大さじ1 砂糖 小さじ2
  • グループ ふたつまみ コショウ 少々
  • グループ 焼肉のたれ・はちみつ 好みの量をブレンド

つくり方

調理時間2.5〜3.5時間

  • 1 肉のドリップをペーパーでたたいてふき取り、★をすりこみ、密封して冷蔵庫で1〜2日寝かせる。(※時間外)
  • 2 常温に戻し、ペーパーでふいて●をし、ラップできっちり巻いて、ジップロック袋に入れて空気を抜く。
  • 3 炊飯器に65〜68度の湯をはり、2を沈めて65度以上を保ったら、2時間保温(お肉の中心温度は60度程に)+湯61度で1時間保温。。。2時間保温したときに芯温が63度にあがっていたら湯63度で30分保温。※※※温度計がなかったら、ポット70度設定を使い、70度2時間半の保温で済ませてもかまいません(若干硬くなるはず)※※※
  • 4 ■をフライパンで熱して味が決まったら、3を入れ、3を動かしながらさっとタレを焼き絡める。熱いままラップで密閉、急冷。のち冷蔵庫で一晩寝かせる(※時間外)。いただくときに炙って。(下は急冷したばかりのお肉。出来立てより締まってます) 作業手順4
  • 5 調理例)一晩寝かして薄くそいで、出来立て野菜炒めにまぜて。薄いと、よりしっとりやわらかで家族に好評。 作業手順5

コツ・ポイント

1.)最初は温度をよく測って作ってみてください。また肉の厚さで熱伝導が変わります。直経6×7.5cmのときは芯温63度にあげるまで水温68度で3時間、60度までが2時間半でした。 2.)ロースやバラですると出来たてもジューシーかと思いますが、モモは寝かせたほうがしっとり度が増します。

このレシピを考えたきっかけ

よくある茹で豚&煮豚レシピだとパサパサして嫌だったから。。。 牛と比べて豚ブロックは温度管理がデリケートで難しいですが、最近の炊飯器は低温保温がついているので失敗しないかな?と思ってやってみました。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。