本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 北海道海鮮丼の具でばらちらし寿司
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

北海道海鮮丼の具でばらちらし寿司

完成写真

材料

4人分

  • 炊いたごはん 3合
  • すし酢 大匙9
  • 北海道海鮮丼の具 2袋
  • ミニ伊達巻 1本
  • 焼きのり 3枚

つくり方

調理時間15

  • 1 炊いたご飯(もちろん遊you米)に、すし酢を切るように混ぜて、冷ます。1合につき大匙2が基本で、少し多めでも。
  • 2 北海道海鮮丼の具は、ほたて、いか、いくらしょうゆ漬け入り。ほたては4つに切り、いかさしになっているので長さを半分に切る。 作業手順2
  • 3 ミニ伊達巻は、1cm角くらいに切る。焼きのりは、はさみでせんぎりにする。
  • 4 酢飯の上に、のりを一面にちらし、ほたて、いかもちらす。いくらと伊達巻は色がきれいなので、上に飾るように乗せる。

コツ・ポイント

酢飯にすると、醤油がなくてもおいしいですが、お好みでわさび醤油をかけてください。さらに豪華にするときには、まぐろの角切りを足してください。うちには飯台がないので、土鍋で酢飯を作って、そのまま具を上に乗せて、食卓に出しています。

このレシピを考えたきっかけ

一人分ずつになっているので、温かいご飯に乗せるだけでおいしい「北海道海鮮丼の具」、酢飯を作って、具をちょっときざんで乗せると、見た目がとても豪華になります。ミニ伊達巻を使ってますます楽なのですが、、自分で卵焼きを作るより甘くてしっとりしておいしいのです。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連レシピ

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。