本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 鮭といくらのわっぱめし
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

鮭といくらのわっぱめし

完成写真

材料

2人分

  • もち米入りご飯 茶碗2膳分(約1合分)
  • 甘塩鮭1切れ
  • <鮭の下味> 酒 小さじ2
  • ☆酒 大さじ1と1/2
  • ☆真塩 小さじ1/3
  • ☆丸大豆醤油 小さじ1
  • いくら醤油漬け 大さじ1
  • 三つ葉など青み野菜適宜

つくり方

調理時間30

  • 1 ご飯はもち米を1割ほど入れて少し硬めに炊く
  • 2 鮭は皮と骨をとって1㎝厚さにそぎ切りにし、酒小さじ2をかけておく。
  • 3 ご飯に☆の調味料、酒、真塩、丸大豆醤油を混ぜ合わせる。
  • 4 セイロの底にオーブンペーパーを敷き、ご飯を盛る。
  • 5 ④のご飯の上に②の鮭を並べ、強火で10分蒸し、青みの野菜をちらし、2分ほどさらに蒸す。
  • 6 セイロを火から下ろして、いくらを飾る。

コツ・ポイント

もち米入りご飯は酒をかけて蒸すので少し固めに炊いてください。調理時間にご飯を炊く時間は含みません。少しもちもち感は減りますがもち米を入れず普通に炊いた残りご飯でも大丈夫!酒蒸しするとおいしいです。

このレシピを考えたきっかけ

30年前、転勤先の新潟で覚えまた。もち米入りご飯に鮭をのせて酒蒸しにする新潟のもてなし料理だそうです。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連レシピ

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。