本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 紅茶鶏の南蛮漬け
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

紅茶鶏の南蛮漬け

完成写真

材料

鶏胸肉2枚

  • ◆紅茶鶏    
  • 鶏胸肉 2枚
  • 紅茶ティーバッグブルンジ 1個
  • 生姜 1片
  • ◆付け合わせ用野菜     
  • 玉葱スライス、人参&茗荷千切りなど 好みで             
  • ◆漬けだれ         
  • 醤油 大さじ4
  • 食酢 大さじ6
  • みりん風醸造調味料 大さじ4
  • 素精糖 大さじ2
  • 鷹の爪 1本

つくり方

調理時間30

  • 1 紅茶液を作る。500㏄位。
  • 2 鶏肉と生姜のスライスを入れ、鶏肉が浸る まで紅茶液を入れ、ふたをして中火にかける。沸騰したら、弱火5分くらい加熱する。
  • 3 鍋を火からおろし、保温容器に入れるか、バスタオルなどで  くるんで保温調理。30分保温する。
  • 4 ※保温調理しない場合、加熱時間をもう少し長くして、火を止め 、冷めるまでそのまま放置する。
  • 5 保存用容器に、漬けようの野菜を並べ、紅茶の水気を切った  鶏肉をスライスして並べ、たれを流しいれて冷蔵庫で冷やす。
  • 6 たれが少なめなので、足りない場合はお好みで分量を増やしす。

コツ・ポイント

☆保温調理=加熱時間を短くして余熱を利用することで、ふんわりと美味しく、さらにエネルギーも節約できるという調理方法。包むものは、バスタオルやベビー毛布、エマージェンシーシートなど、家庭にあるものでOK。ただし、底面が非常に熱くなるので、テーブルに跡が付かないように鍋敷きを敷くのを忘れずに!また、味付けも、薄味が好みの場合は、酢を多めにするなどして調整するといいです。

報告する

コメント

2014/09/26 00:00

みるくのしっぽさん みるくのしっぽさん
コメント画像

酸っぱいのが苦手なので、お酢控えめで煮卵も一緒に漬け込みました。いろいろアレンジできそうですね。ありがとうございました。

1件のコメントを見る

コメントする

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。