本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 紅玉とラムレーズンバターのオープンサンド
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

紅玉とラムレーズンバターのオープンサンド

完成写真

材料

2人分

  • 紅玉(なければ他のりんごでも) 2個
  • 素精糖 大さじ3
  • 少々
  • 全粒粉入り食パン(普通の食パンでもOK) 2枚
  • 全酪連バター 20g
  • レーズン 10g
  • ラム酒 30cc
  • シナモン 少々

つくり方

調理時間25

  • 1 (下準備)レーズンにラム酒を注ぎラムレーズンを作っておく。少なくとも半日、できれば1晩以上おいた方がおいしい。
  • 2 リンゴジャムを作る。紅玉を8つ割にしてスライス。鍋の中に入れ、素精糖と塩も入れて弱火で15分ほど煮る。水は入れない! 作業手順2
  • 3 ラムレーズンバターを作る。室温に戻したバターをクリーム状に練り、汁気を切ったラムレーズンを入れてよく混ぜる。 作業手順3
  • 4 食パンに、3のラムレーズンバターを塗る。お酒の苦手な方やこども用にはラム無しのレーズンバターで(市販のものでもOK)。 作業手順4
  • 5 4に、2のリンゴジャムをのせて素精糖を少々ふりかける。素精糖とジャムの量はそれぞれお好みで。 作業手順5
  • 6 オーブントースターで2分ほど焼く(バターが溶けて、リンゴに焼き目がつく手前まで)。仕上げにお好みでシナモンをふる。

コツ・ポイント

・リンゴジャムはこんなに使いませんが、とっても美味しいので多目の分量で作っておくことをおすすめします。・全粒粉入りの食パンだと一段と味に深みがでます。

このレシピを考えたきっかけ

紅玉の季節になり、紅玉ならではの甘酸っぱさを生かした大人味のデザートができないか考えているうちに思いつきました。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。