本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > ヤムウンセン
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

ヤムウンセン

完成写真

材料

3人分

  • 緑豆はるさめ(乾燥) 30g
  • 乾燥きくらげ 5g
  • ○セロリ(キュウリ、ピーマン可) (1/2本)45g
  • ○酢・塩昆布・ごま油(セロリ用) 少量
  • 紫玉ねぎ(新玉ねぎ可) (1/4個)45g
  • さくらえびか、瀬戸内産の干しむきエビ (大さじ2)10g
  •   注:※△はなくても可
  • ※豚ひき肉 40g
  • ※シュリンプ(イカでも) (9〜12匹)200g
  • ※塩・砂糖(ひき肉・シュリンプ用) 少量
  • △イタリアンパセリ(好みで) 1/2パック
  • △糸トウガラシ・ごま油・クミン(好みで) 適宜
  • 合わせ調味料
  • グループ レモン汁か食酢 大さじ2 素精糖 大さじ1 と1/2 しょうゆ 大さじ2

つくり方

調理時間20分

  • 1 きくらげをぬるま湯につけ戻す(15分程)。戻す間、合わせ調味料(★)を600w40秒レンジアップして、さくらえびをひたす。
  • 2 セロリは斜めスライスして弱い酢水にさらして水洗し、キッチンペーパーで水気を取り、少量の塩昆布とごま油で揉んで下和え。玉ねぎは繊維を断ち切る方向に切って水にさらしてしぼり、細かく刻んだパセリの軸とともに、1.の調味液にひたす。 (キュウリやピーマンを使う場合は繊維方向で切る。玉ねぎとパセリの軸以外は最後に和える。)
  • 3 エビは殻むき、背ワタ取り、塩もみと片栗粉(分量外)もみ、洗浄までする。
  • 4 はるさめを熱湯につけて戻し始める。同時進行でエビを塩ゆでしながら、別の冷たいフライパンに少量の水・砂糖・塩・挽肉をほぐし入れ火をつけてゆで、各々火が通ったらアミジャクシで1.の調味液にすくい入れる。
  • 5 はるさめが戻ったら、熱いうちに1.の調味液と和え、1.のきくらげを細切りして、2.のセロリ・パセリの葉と一緒に散らす。 作業手順5
  • 6 好みでごま油、糸とうがらしをのせたらできあがり。クミンパウダーを使うとよりエスニックで複雑な味わい。 作業手順6
  • 7 献立例。今回はイカを使用。 作業手順7

コツ・ポイント

春雨を戻し始めたら時間勝負。春雨があたたかいうちにぜひ召し上がれ。

このレシピを考えたきっかけ

普段ビタミンD・カルシウムなどが不足しがちなので、意識して素材を選んでみました。さくらえびを代用していますが瀬戸内産の干しむきエビが絶品で、手に入ったときはこれを味わいたいのでシュリンプは入れません。野菜は子どもの好みで処理をていねいにしました。香味野菜のクセがすきな方はセロリは酢さらしのみ、玉ねぎは直接調味液に投入してみてください。よりカンタンに無駄なく野菜の栄養がいただけます。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。