本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 大豆とツナの炒り煮
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

大豆とツナの炒り煮

カタログ掲載 完成写真

材料

作りやすい分量

  • 大豆 200g
  • 人参 1/2本(90g)
  • まぐろ油漬缶 3缶
  • 万能つゆ 大さじ4
  • 細ねぎ(小口切り) 適宜
①~③で圧力鍋を使ってゆで大豆つくる場合はこちらもご覧ください。
▼大豆の戻し方・ゆで方(圧力鍋を使う場合)
https://recipe.seikatsuclub.coop/recipe_detail.html?R_ID=00000021005

つくり方

  • 1 ゆで大豆をつくる。大豆はさっと洗ってボールに入れ、1リットルの水につける。夏は6時間、冬は8時間後、大豆が水分を充分吸ったらざるに上げて水気をきる。
  • 2 ①と1リットルの水を鍋に入れて中火にかけ、煮立ってきたら、おたまでアクを取る。
  • 3 クッキングシートで落としぶたをし、弱火で60~70分ゆでる。火を止めてそのまま冷まし、粗熱が取れたらざるにあげる。約500gのゆで大豆ができる(※)。
  • 4 人参は2mm厚さのいちょう切りにする。
  • 5 フライパンにまぐろ油漬缶を汁ごと入れ、③のゆで大豆と④を加えて火にかけ、汁気が少なくなるまで5分ほど炒める。
  • 6 万能つゆを加えてさらに強火で3分炒める。
  • 7 器に盛り、好みで細ねぎを散らす。

コツ・ポイント

※200gの大豆から約500gのゆで大豆ができます。熱いままざるにあげると大豆にシワが寄ります。シワをできるだけ減らすためには大豆をゆで汁に浸したまま粗熱が取れるまで冷ましましょう。●冷蔵庫で保存し、5日以内に食べきってください。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

コメントする

生活クラブのカタログに掲載されているレシピです。生活クラブの詳細はこちら 別のウィンドウで開きます。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。