本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > カリカリ梅
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

カリカリ梅

カタログ掲載 完成写真

材料

作りやすい量/全量:690kcal 塩分39.8g

  • 梅(梅酒用) 1kg
  • 真塩 100g
  • 素精糖 400g
  • 食酢 1カップ
  • 卵の殻 2個分

つくり方

調理時間15分※

  • 1 梅は水に浸けて一晩おき、アクを抜く。
  • 2 卵の殻は3〜4分煮沸し、薄皮を取り除いて1cm大に砕く。半日ほど天日干しにして乾燥させ、ガーゼや布の袋などで包む。
  • 3 ①を焼酎(分量外)に浸した清潔なふきんで拭き、竹串などでヘタを取り除いて、食品用ポリ袋に入れる。真塩を加えてもみ込み、②を入れ、全体がかぶるくらいの水を注ぐ。袋の口をしばって閉じ、冷蔵庫に3日おく。
  • 4 ③の梅の表面を洗い、梅と、ガーゼや布の袋などで包んだ卵の殻をボウルに入れ、たっぷりの水を注いで塩抜きをする。毎日水を取り替えながら冷暗所に3日おき、ザルにあげて水気をきる。
  • 5 消毒した保存瓶に④の梅と卵の殻、素精糖100g、食酢1/4カップを入れ、瓶を振ってなじませる。次の日に同量の素精糖と食酢を足して、同様になじませる。これをあと2日繰り返す。10日ほどして水分が上がり、素精糖が溶けきったら食べごろに。

コツ・ポイント

卵の殻のカルシウムが、梅に含まれるペクチンと結びついて実を引き締めるため、カリっとした食感に仕上がります。熟れはじめた梅ではこうした食感にならないため、必ず青い梅で作ります。 食べごろになった梅は、瓶から取り出して冷蔵庫で保存し、1ヶ月以内に食べきってください。 ※調理時間はアク抜き・塩抜き・漬け込み時間を除く

報告する

コメント

コメントがまだありません。

コメントする

生活クラブのカタログに掲載されているレシピです。生活クラブの詳細はこちら 別のウィンドウで開きます。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。