本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 焼いて作るよだれ鶏
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

焼いて作るよだれ鶏

カタログ掲載 完成写真

材料

4人分/1人分:205kcal  塩分1.7g

  • 鶏肉ムネ 400g
  • 真塩 少々
  • 緑豆もやし 200g
  • にら 50g
  • なたね油 大さじ1
  • 大さじ1
  • 長ねぎ(白髪ねぎ) 40g
  • グループ 国産唐辛子(鷹の爪)(小口切り) 1本 にんにく(みじん切り) 1片 丸大豆醤油 大さじ2 大さじ1 素精糖 小さじ2 ごま辛味オイル 小さじ1 純米酢 大さじ1
▼鶏肉の切り方(観音開き)はこちら
https://recipe.seikatsuclub.coop/recipe_detail.html?R_ID=10000001178

つくり方

調理時間25分※

  • 1 鶏肉は解凍して、厚みのある部分は観音開きにする。皮目にフォークで数ヶ所穴を開け、真塩をふる。
  • 2 もやしは洗ってサッとゆで、ザルにあげる。
  • 3 にらは5mm幅に切る。
  • 4 フライパンになたね油を熱し、①の皮目を下にして3分ほど焼く。焼き色がついたら酒を加え、上下を返してふたをし、弱火で5分ほど焼く。取り出して食べやすい大きさに切る。
  • 5 ④のフライパンに★を入れてひと煮立ちさせ、火を止める。③を加えて混ぜ、粗熱をとる。
  • 6 器に②を敷き、④を盛る。⑤をかけ、白髪ねぎをのせる。

コツ・ポイント

よだれ鶏は中国の四川省でよく食べられる料理。「よだれが出るほどおいしい」ことからその名がつきました。鶏肉の皮目にフォークで穴を開けることで、皮の焼き縮みを防止します。また、火の通りや味の染みこみもよくなります。 ※調理時間は解凍時間を除く

報告する

コメント

コメントがまだありません。

コメントする

生活クラブのカタログに掲載されているレシピです。生活クラブの詳細はこちら 別のウィンドウで開きます。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。