本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > マリネドチキン グリル焼き
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

マリネドチキン グリル焼き

完成写真

材料

4人分

  • 丹精國鶏 半身 2パック
  • ギリシャ産オリーブオイル 大さじ4
  • レモン汁or米酢 大さじ2
  • 真塩(ましお) 小さじ1強
  • 胡椒 少々
  • パプリカパウダー 小さじ1/2
  • にんにく すりおろす 2片分
  • あればローズマリー 1枝

つくり方

調理時間60

  • 1 鶏をそれぞれ骨付きモモと骨付き手羽に切り分け骨の脇と関節に切り込みを入れる。金串で突く。
  • 2 ドレッシング(オイル以下全部を混ぜる)に3時間以上漬ける。 作業手順2
  • 3 弱火のグリルでゆっくり焼く。途中で金網をはずし残っている漬け汁と落ちた油をかける。
  • 4 又は220℃のオーブンで金網に乗せて25分。金網を外して天板の油と付け汁も掛けて10分焼く。

コツ・ポイント

鶏は室温にしてから焼きます。ガスコンロ下のグリルは身が厚いと焦げやすいので手羽もとも切り離し なるべく身を平らにして 上火は最小にします。途中下に落ちた油と漬け汁をかけるとツヤ良く焼けます。盛りつけてから落ちた油をソースとして添えます。付け合わせのポテトかピラフの上に盛りつけると高さが出ます。

このレシピを考えたきっかけ

昔 飯田深雪先生からバーベキュー料理として習い良く作っていました。 今回12月にまちの鶏企画をするにあたりグリルで焼き パーティーに使えるようにしました。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連ビオサポ記事

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。