本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
ここから現在位置です。
トップ > レシピ > 春菊とササミののり佃煮あえ
現在位置ここまで
ここから消費材検索メニューです。
消費材検索メニューここまで。
ここから本文です。

春菊とササミののり佃煮あえ

完成写真

材料

4~6人分

  • 春菊 2袋
  • 鶏肉ササミ 2本
  • のり佃煮 大さじ2~3
  • こしょう 適宜

つくり方

調理時間15

  • 1 鶏ササミにこしょうをして魚焼きグリルで焼く。
  • 2 ①と同時進行で春菊の葉と軸を分け、各々洗う。軸の方は3~4㎝幅にきざむ。葉の方は今回は5~7㎝間隔で切った。 作業手順2
  • 3 ②を熱湯で湯がく。まず軸を30秒程湯がき、続けて葉を投入する。色が変わる(緑色が濃くなったら)冷水にとり水気をしぼる。
  • 4 ③がもつれている感じがあれば、さらに3㎝幅くらいに切る。焼けたササミを適当にほぐし入れ、のり佃煮を加えてあえる。

コツ・ポイント

一手間ですが春菊の葉と軸はわけて料理した方が絶対うまく仕上がります(ゆで時間に時間差を設けて、どちらも歯触り香り、色目良く仕上がります)。ゆでた後に水にさらしてしぼってから食べやすいサイズにカットする……というやり方でも良いです。鶏ササミに使うこしょうは粒をひいた方がよりレシピにはしっくり来ます。

このレシピを考えたきっかけ

もともと春菊はじめ、青菜のおひたしが大好きです!今回はのり佃煮を活用する組み合わせにしてみました。

報告する

コメント

コメントがまだありません。

関連レシピ

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。